プロペシアを飲んだら薄毛が治った!

薄毛に悩んでたところ、個人輸入でプロペシアを購入して飲むようになり、元の髪に治りました。飲み始めるきっかけとか、ハゲじゃなくなるまでの経過をたどっていきます。

スポンサードサーチ

固定ページ

未分類

プロペシアに配合されている成分

2017/07/31

プロペシアの中に配合されている成分をチェック!

プロペシアの中に配合されている成分はフィナステリドで、AGA(薄毛)の直接的な原因となる還元酵素の5αリダクターゼを阻害する作用があります。

男性ホルモンのテストステロンが酵素と結びついて悪玉のDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターと結合すると薄毛が進行していくのです。

フィナステリドはDHT自体をやっつけるのではなく、酵素の働きを抑える効能を持ち、このフィナステリドが含まれているからこそプロペシアはAGAに有効だと考えられています。

頭皮に存在するDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の毛にどのような悪影響を与えるのかまとめてみました。

・皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞ぎ、髪の毛の成長を阻害する

・毛母細胞に毛髪の成長を抑制する信号を出してヘアサイクルを乱す

育毛剤を使ってケアを行っていても、DHTが増え続ければ成長期⇒退行期⇒休止期という流れのヘアサイクルが狂っていきます。

成長期が短くなって休止期が長くなるので抜け毛の量が増加し、AGAのメカニズムに特化したプロペシアが効果的な医薬品だとお分かり頂けるでしょう。

ただし、フィナステリドはあくまでもDHTの生成を阻止する成分なので、AGA以外の薄毛には効き目がありません。

・毎日服用しているのに抜け毛の本数が減らない
・半年間以上に渡って飲んでいるのに薄毛が改善されない
・頭皮や髪の毛に全く変化がない

このような男性はAGAではなく別の要因が絡んでいる可能性が高く、病院を受診して医師の診察をおすすめします。

AGAの治療に関してはフィナステリドを含む飲む育毛剤のプロペシアが効果的なので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂で購入して服用してみてください。

 

プロペシアに添加物は含まれている?

プロペシアには有効成分のフィナステリドだけではなく、以下のような添加物が含まれています。

・増量や希釈を目的に加えられる結晶セルロース
・錠剤の形を維持するために必要な乳糖水和物
・薬物の安定化を図る部分アルファー化デンプン
・錠剤の重量の安定化を図るステアリン酸マグネシウム
・コーティング剤や賦形剤の役割を果たすヒプロメロース
・赤色の着色料の三二酸化鉄

添加物と聞くと嫌な感じがしますが、どの内服薬にも使われている物質なので神経質になる必要はありません。

アレルギー症状が不安な方は、成分表をチェックしてアレルゲンとなる物質や成分が入っていないかどうか一度確認してみましょう。

 

 
↓↓ 管理人が薄毛を克服できたのがこれ、プロペシア(フィナロイド)&ミノキシジルタブレットのセットです。

-未分類