プロペシアを飲んだら薄毛が治った!

薄毛に悩んでたところ、個人輸入でプロペシアを購入して飲むようになり、元の髪に治りました。飲み始めるきっかけとか、ハゲじゃなくなるまでの経過をたどっていきます。

スポンサードサーチ

固定ページ

未分類

プロペシアを飲む前に!副作用のリスクをチェック!

2017/07/31

プロペシアによる副作用の症状とは?

プロペシアでAGA治療を始める前に、副作用の症状について把握しておかなければなりません。

頭痛薬や鎮痛剤などの市販薬と同じように、プロペシアも健康食品ではなく医薬品に分類されるので、副作用のリスクがあります。

どのような症状のリスクがあるのか見ていきましょう。

 

男性不妊の原因になる

プロペシアの副作用として最も多く見られるのが男性機能の低下で、男性不妊の原因になるのではないかと考えられています。

・ED(勃起不全)
・性欲減退
・精子量の減少
・射精障害

全ての男性が引き起こすわけではありませんが、生殖器官に悪影響が出て上記のような症状で悩まされるケースはあります。

 

肝機能に関する異常

副作用の発現率としては低いものの、プロペシアの服用で肝機能に異常が発生するリスクがあります。

日本国内では数十万人以上の男性がプロペシアでAGAの治療を行っており、重篤な肝機能障害が10数例報告されました。

そのいずれも、医薬品が引き金となって病気を患うのではなく、既に肝機能が弱っている男性が服用して症状の悪化に繋がったのではないかと考えられています。

プロペシアに限らず多くの内服薬は肝臓に負荷が掛かると心得ておかなければなりません。

 

女性が飲むのは絶対にNG

プロペシアは男性用のAGA治療薬なので、女性が飲むのは絶対にNGです。

①妊娠中の女性の身体に有効成分のフィナステリドが入る
②大人の男性だけではなくお腹の胎児にも作用する
③赤ちゃんの生殖器に異常が出る

DHT(ジヒドロテストステロン)という成分の生成を抑制させることで毛髪の育成を促すのがプロペシアの効能なので、薄毛で悩む男性にとっては不要なDHTですが、実は胎児が細胞分裂を繰り返して生殖器を形成する際に必要となります。

そのDHTが減少すれば、お腹の中で生殖器が形成されないリスクが出てきてしまうのです。

なので、薄毛で悩む女性は育毛剤など他の方法を選択しましょう。

 

プロペシアの副作用が発生する確率は?

プロペシアの副作用が引き起こされる確率がどのくらいなのか、疑問を抱えている人も多いかと思います。

先ほど挙げた4つの主な副作用の中で、性欲減退は1%~5%、勃起機能の低下や精子数の減少は1%未満です。

どんなに高くても発症率は5%程度と非常に低いので、あまり神経質になる必要はありません。

間違った飲み方をせずに正しく服用していれば副作用のリスクは抑えられます。

・1日に1錠を服用する
・自分勝手な判断で量を増やさない
・24時間サイクルで飲む

この3点に注意していれば重篤な症状が出ることはありませんので安心してください。

そもそも、副作用の発生率が高い薬だとしたら、厚生労働省から認可されるわけないですから。

プロペシアがAGA(男性型脱毛症)に効果のある医薬品なのは事実なので、薄毛やハゲに悩んでいる人は、できるだけ早く試してみることをお勧めします。

病院で処方してもらう認可薬のプロペシアは30錠(1ヶ月分)が1万円と高いですが、オオサカ堂のサイトで個人輸入という形で購入すれば、お手頃な値段(100錠で3,000円くらい)で買うことができますよ。

 

こんなこと書いておいて何ですが、初めて薄毛対策をしようと思っている人はまずは病院に行くことをオススメします。

個人輸入は全て自己責任が前提なので、まずはお医者さんからプロペシアのことや治療方針などをよく聞いて、それから試すようにしましょう。

増毛への挑戦を応援しています!

 

 
↓↓ 管理人が薄毛を克服できたのがこれ、プロペシア(フィナロイド)&ミノキシジルタブレットのセットです。

-未分類